シャネル CHANELの歴史

シャネル CHANELの歴史

シャネル CHANELのロゴ

1910年にココ・シャネル(Coco Chanel)ことガブリエル・シャネル(Gabrielle Bonheur Chanel/1883年8月19日〜1971年1月10日)が、パリのカンボン通りに帽子店を開業し、CHANEL(シャネル)はスタートしました。

美貌と才能を持つガブリエル・シャネルの周りには経済力に豊かな男たちが集まり、彼らに経済的援助をしてもらい開業に至りました。

開業後、帽子から衣服へと徐々に取り扱うアイテムを増やしていったCHANEL(シャネル)。

男性用下着に使われていたジャージをデザインに取り入れたり、当時は紳士のものであったツイードを女性用のスーツに使ったりなど、ガブリエル・シャネルの画期的な創作活動は当時のファッション業界に衝撃を与えました。

また、見た目の美しさとカリスマ性を兼ね備えたガブリエル・シャネルは、自らがブランドアイコンとなり、CHANEL(シャネル)というブランドを世に知らしめたことでも有名です。

ガブリエル・シャネルの写真

常に新しいことに果敢に挑戦するガブリエル・シャネルの姿勢は、恋多き女性であった波瀾万丈な人生と共に、ブランドとしてのCHANEL(シャネル)の魅力をさらに引き立てていると言えます。

そんなCHANEL(シャネル)も1971年に創業者のガブリエル・シャネルが亡くなって後はブランドとしての魅力がやや低迷した時期がありました。

しかし、1983年にカール・ラガーフェルドがデザイナーに就任してからは、その勢いを盛り返します。

カール・ラガーフェルドのトレンドを敏感にとらえたデザインは、現在に至るまで幅広い世代の女性を虜にしています。


生命保険 生命保険を賢く選ぶために知るべきこと

ブランド物のバッグを買いたい