ルイ・ヴィトン Louis Vuittonの歴史

ルイ・ヴィトン Louis Vuittonの歴史

ルイ・ヴィトン Louis Vuittonのロゴ

1854年、世界初の旅行バッグ専門店としてはじまったLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)。

フランスの小さな村で生まれた創業者ルイ・ヴィトン(1821年8月4日〜1892年2月28日)は「ファッションの都パリ」を目指し、若干14歳で故郷を飛び出しました。

2年の歳月をかけてパリへ着いたルイ・ヴィトンは、その後、長い下積み生活を終え、Louis Vuittonを創業。

現在は、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドの中核ブランドとなっています。

自身の旅からヒントを得て作られた堅牢なトランクは瞬く間に旅行者の間で評判となりました。

ただし、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)が評価されるようになったのは、2代目の息子ジョルジュ・ヴィトン (Georges Vuitton) から。

ジョルジュ・ヴィトンがベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・キャンバス」を発表して大ヒットしました。

ダミエ・キャンバス

実は、この頃、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)は後を絶たないコピー商品(模倣品)に悩まされており、そのコピー対策として誕生したのが「ダミエ・キャンバス」でした。

しかし、「ダミエ・キャンバス」のコピー商品も絶えることはありませんでした。

そこで、今やLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)を代表するラインとなった「モノグラム・キャンバス」が誕生しました。

モノグラム・キャンバス

その後も様々なラインを発表し、いまやトップブランドに成長したLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)。

そして、1997年、アーティスティック・デザイナーにマーク・ジェイコブスを迎えて、さらにその成長が加速しました。

マーク・ジェイコブスによる伝統と斬新さをミックスした新しいデザインで、今なおブランド業界に新しい風を送り込み、多くの人を魅了するブランドとして君臨しています。


薄毛の対策・抜け毛を予防 髪の毛の抜け毛が気になりだしたら早めの対策を

便秘の原因 朝食抜き 不規則な食生活