プラダ PRADAの歴史

プラダ PRADAの歴史

プラダ PRADAのロゴ

1913年、マリオ・プラダ(Mario Prada)が兄弟と共に、イタリア・ミラノに皮革製品のショップ「Fratelli Prada(プラダ兄弟)」を開業したことで、PRADA(プラダ)の歴史が始まりました。

PRADA(プラダ)は世界中から上質な革や装飾素材を集めました。

職人たちの手によって端正に作られたアイテムは、ブルジョア(裕福な商工業者)の間で話題となり、当時のイタリア王室の御用達ブランドとなりました。

しかし、1958年に創業者であるマリオ・プラダが亡くなって以後、時代の変化についていけなかったPRADA(プラダ)は低迷期に入ります。

その後、1978年にマリオ・プラダの孫娘であるミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)がオーナー兼デザイナーに就任し、PRADA(プラダ)の危機的状況を救います。

ミウッチャ・プラダは「PRADA(プラダ)といえば皮革製品」という枠にこだわらず、「ポコノ」という軽くて丈夫な工業用防水生地として使われていたナイロン素材を使いバッグを作り、これが日本やアメリカなどで大ヒット。

ロゴ入り三角プレートを付けただけのシンプルなナイロン素材のバッグによって、PRADA(プラダ)は以前のようなトップブランドとしての地位を復活させることができました。


ワーホリ前後の英語学習法

TSUTAYA(ツタヤ) Tカードプラス 映画チケットを割引価格 コンビニでポイントが貯まる使えるTSUTAYA Tカードプラス